小学校近くの土手沿いの土地を購入

私は犬を飼っている上に、趣味でガーデニングをしています。そのため宇都宮で注文住宅を建築する際の土地選びでは、広さを重視しました。犬を広々と遊ばせることができ、なおかつプランターを多く設置できる土地で住宅を建てることを希望していたのです。

 

候補は複数ありましたが、私はその中から、土手沿いの土地を選択しました。そこに住宅を建てれば、庭ではもちろん土手でも、犬を思う存分走らせることができると思ったからです。また土手の斜面は美しい芝生となっていたので、その点も決め手となりました。

 

しかし、小学校が近くにあることが気になりました。騒音が犬のストレスとなったり、落ち着いてガーデニングを楽しむことができなかったりするのでは、本末転倒です。

 

そのため私は、下見を5回ほど行いました。小学生の登下校の時間帯や、昼休憩の時間帯を中心に、土地の周辺を歩いてみたのです。

 

その結果、気になるような騒音はほとんどないことが分かりました。また、土手で犬の散歩をしている人が多いにもかかわらず、落ちている糞を見かけることもありませんでした。

 

マナーの良い人々が多いということが明らかになったので、その土地を購入することに決めました。